検索されやすくするためにも、しっかりと記載しよう。

Jメールでは、プロフィールを作成しやすくするために、サイト側で様々な工夫をしている。
Jメールでは、必要的記載項目というものが存在し、必ず記入しなければならないことになっている。

 

また、「マイキャラ」の設定も分かりやすくなっている。
というのは、“やさしい”や“ボケ担当”など、短くてわかりやすい単語ででもうけられている。

 

「目的・キーワード」は、自ら文章を作るのではなく、メル友、遊び友など、簡単な単語を選択するだけである。
そのため、作成者は、自ら文書を考えなければならない場合と異なり、自分がJメールを利用する目的や、求めている出会いについて簡単に表現できるようになっている。
他方、閲覧者としては、ぱっと見ただけで、相手が何を求めているのか判断することが可能である。
ここは、あなたに対して話をしたいと思う人が必ず見る部分であるので、自分が相手にどのように伝わるか、どのように伝わりたいかを考えて設定するとよい。

 

例えば、女の人の会員のプロフィールをみて、「エッチ度」が高く、「目的・キーワード」が記載されている部分に大人の関係などの単語が設定されていた場合を想像してみて欲しい。
この場合に、このように設定している女性に対しては、どのようにアプローチすれば成功するかをイメージすることができる。
このことから分かるように、プロフィールを書く際に、選ぶ単語によってどのように伝わるかどうかを相手の立場になって考えながら単語を選ぶとよい。

 

また、「趣味」は、上位2位まで登録できる。
趣味は、相手との会話の内容を決める上ででも、つき合った後でも、重要なワードになるため、記載した方が検索されやすくなる。

 

他にも、記載項目はあるが、ミステリアスなどを狙わずに、空欄や秘密にしないで記載すれば、相手の反応も良いだろう。