キャッシュバッカーの対策は、個々人でしていくしかない。

Jメールの講評を見ると、キャッシュバッカーが多いというものがみられる。

 

キャッシュバッカーとやり取りをすることになった男性会員は、いくらメールをしても、で電話をしてアプローチをしても出会いにつながるわけではないため、自分がせっかく購入したポイントをただ無駄にしているということになる。
そのため、キャッシュバッカーが多く出没するサイトは、男性会員から敬遠されるのは、仕方がないことだといえる。

 

そのようなサイトが敬遠されるのが仕方のないことだとしても、Jメールだけが敬遠される理由とはならない。
というのは、キャッシュバック性は、Jメールだけに存在している制度ではないからである。
逆に、キャッシュバク制が存在していないサイトで、優良サイトと呼ばれているものは、2つくらいしかない。
要するに、ほとんどのサイトでキャッシュバック性は導入されているため、キャッシュバッカーは、Jメールにだけ存在してるものではないのである。

 

キャッシュバック制を導入しているサイトは、それのみを目的として会員登録することを禁止している。
そのため、キャッシュバッカーと呼ばれる女性会員は、Jメールだけというように一つのサイトのみで活動しているのではなく、3〜4サイトに同時に登録して、目立たないように活動している。

 

また、キャッシュバッカーではない人でも、いざ会うとなると迷いが出てきてしまうものである。
そのような女性会員が、キャッシュバッカーと誤解されてしまうケースもあるようである。
そのため、キャッシュバッカーの対策は、個々人でしていくしかないように思われる。